PayPayで固定資産税を納付するとポイント還元あり

毎年1月1日時点で不動産を所有していると固定資産税がかかります。

毎年4~6月頃に納税通知書が自宅に届き、一括または分割で記載されている期限までに納付をしなければなりません。

これまで納付方法は、

  • 納付書による現金払い(金融機関、コンビニなど)
  • ペイジー(金融機関のATM、インターネットバンキングなど)
  • クレジットカード

といった方法だけでしたが、最近はスマホ決済による納付に対応する自治体が増えてきました。

今回は、スマホ決済「PayPay」で固定資産税を納付してポイント還元を受ける方法を解説します。

固定資産税は、クレジットカードで支払うこともできますが、決済手数料として80~1,000円程度が加算されたり、納税証明書の発行に時間がかかるデメリットがあります。

そのため、固定資産税を納付するなら決済手数料がかからないPayPayがオススメです。

PayPayとは

まずは、PayPayについておさらいしていきましょう。

PayPayとは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社により設立された「PayPay株式会社」が提供する利用料無料のスマホ決済サービスです。

スマホ決済サービスとは、会計をするときにお財布の代わりにスマートフォンを利用して支払いをする方法を言います。

請求書払いができる

PayPayが利用できるのは、店舗やネットショッピングだけではありません。

PayPay請求書払いを活用することにより「公共料金」「税金」「電気」「ガス」「水道」などの支払いが可能です。

固定資産税は、東京都、大阪府、愛知県、神奈川県、静岡県など、多くの自治体で対応しています。

ただし、市区町村によっては対応していないこともあります。

あとで「PayPayで固定資産税のバーコードが読み取れない!」という事態にならないために『PayPayが使えるお店 / サービス』で対応状況を確認しましょう。

PayPay請求書払いのポイント還元率は最大1.5%超

PayPay請求書払いをするメリットは、ポイント還元です。

固定資産税の納付に対しては、最大1.5%還元となります。

ただし、支払い方法や利用場所によって還元率が変わってくるので注意が必要です。

PayPayの基本還元率一覧表
PayPay加盟店
請求書払いサービス
Yahoo! JAPANの対象サービス
基本付与分 0.5% 1%
カウント期間ご利用 +0.5%
(100円以上の決済回数50回以上達成)
+0.5%
(利用金額10万円以上達成)
適用期間の付与率 最大1.5% 最大2%
付与上限/月 7,500円相当/回・15,000円相当/期間
※PayPay利用特典、特定サービス利用特典、請求書払い利用特典の合算
PayPay請求書払いで1.5%還元を受けるには、

  • 100円以上の決済回数50回以上達成
  • 利用金額10万円以上達成

という2つの条件を満たさなければなりません。

正直、かなりハードルの高い条件となっているため、還元率は0.5%と思っておいたほうが良いでしょう。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは還元率アップ

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば、還元率をアップさせることも可能です。

還元率アップの方法は、

  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

です。

「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」とは、PayPay残高にチャージした金額をソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話利用料金と合算できる支払い方法を言います。

例を表にまとめると次のとおりです。

ソフトバンク携帯電話料金 7,000円
ソフトバンクまとめて支払い 3,000円
合計 1万円
ソフトバンクの携帯電話利用料金に「ソフトバンクまとめて支払い」も含まれて請求されるということですね。

ポイントの2重取りができる

ここで肝になるのがソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話料金は、クレジットカードで支払えるという点です。

つまり、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用すことで「クレジットカード」「PayPay」のポイントの2重取りができます。

PayPay請求書払いで固定資産税の納付をした場合は、

  • PayPay残高:0.5~1.5%還元
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い:1%還元(携帯電話料金を楽天カードで決済している場合)

の2重取りにより合計1.5~2.5%で支払いができます。

PayPay請求書払いでポイント還元を受ける方法

PayPay請求書払いをする方法を見ていきましょう。

まずは、あらかじめPayPay残高にチャージをしておきます。

PayPay残高払いとは?お得なチャージ方法も解説

2020年5月28日

※PayPay請求書払いは、PayPay残高からのみ支払うことが可能です。クレジットカード経由では支払えないので注意しましょう。

続いて、PayPayアプリを起動してから「スキャン」をタップします。

スマートフォンのカメラが起動するので固定資産税の納付書に記載されているバーコードを読み取ります。

あとは、支払金額を確認してから「支払う」をタップすれば、固定資産税の納付は完了です。

ネット上の声

実際、PayPay請求書払いにより固定資産税の納付をした声を紹介します。

PayPayで固定資産税を支払ったらどのくらいお得?

先ほどお伝えしたとおり、PayPayで固定資産税を支払った場合は、0.5~1.5%還元を受けられます。

ここからは、固定資産税の税額ごとにPayPayの還元率を紹介します。

固定資産税 PayPayの還元額
8万円 400~1,200円
10万円 500~1,500円
12万円 600~1,800円
14万円 700~2,100円
16万円 800~2,400円
18万円 900~2,700円
20万円 1,000~3,000円

固定資産税の相場は、

  • マンション:8~10万円
  • 戸建て住宅:10~12万円

です。

固定資産税は、土地の評価額や家屋の評価額(家屋調査で屋根、外壁、内壁、床、設備などをチェックして算出)に自治体ごとに定められている税率をかけて決定されます。

固定資産税が高くなるほど、PayPay請求書払いをするメリットが大きくなります。

また、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば、さらにお得にすることも可能です。

最後に

PayPay請求書払いにより固定資産税を支払うことが可能です。

これにより

  • 自宅にいながら納付できる
  • ポイント還元により実質税金の負担が減る

といったメリットがあります。

まずは、お住まいの自治体がPayPay決済に対応しているのか確認してからお得に納付しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です