PayPayで25%還元!マイナンバーカード「マイナポイント事業」キャンペーン

総務省が2020年9月1日から実施する「マイナポイント事業」

2016年1月から交付が開始された「マイナンバーカードの普及促進」および「官民キャッシュレス決済基盤の構築」を目的に実施する還元施策です。

マイナンバーカードを所有していれば、所定の手続きをすることでPayPayのチャージまたは決済で25%還元を受けることができます。

この記事では、ソフトバンクが提供するスマホ決済「PayPay」が対象となった25%還元の「マイナポイント事業」について解説します。

マイナポイント事業とは

マイナポイント事業とは、総務省が2020年9月1日から実施する還元施策です。

2020年6月に終了する最大5%還元の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に次ぐ、国の還元事業として注目を受けています。

還元内容としては、対象のキャッシュレスでチャージまたは買い物をすると、マイナポイント25%(上限5,000円分)がもらうことが可能です。

マイナポイント事業の概要
事業名 マイナポイント事業
実施時期 2020年9月1日~2021年3月31日
対象キャッシュレス決済 FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa(コジカ)、りそなウォレットサービス、PayPay、りそなウォレットサービス、nanaco、LINE Pay、WAON、楽天ペイ(アプリ決済)、Bibica、りそなウォレットサービス(関西みらい銀行)、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカード
※2月19日時点の対象キャッシュレス決済です。キャッシュレス決済事業者の登録申請の期限である2020年3月末までに増える可能性があります。
還元率 25%
還元上限 5,000円
条件 ・マイナンバーカードの取得
・マイナポイントの予約
・マイナポイント申込とキャッシュレス決済サービスの紐付け(2020年7月以降)
・チャージまたは決済
※マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合は、その時点で予約を締め切る可能性があります。
マイナポイント事業の還元を最大限活用する場合は、チャージまたは買い物を2万円分行えばいいという事ですね。

実施期間が7ヶ月もあるので余裕を持って還元を受けることができます。

PayPayでマイナポイントの25%還元を受ける方法

ここからは、PayPayでマイナポイント事業の25%還元(最大5,000円相当)を受ける方法を解説していきます。

手順は、

  1. マイナンバーカードの取得
  2. マイナポイントの予約
  3. マイナポイントとPayPayの紐付け
  4. PayPayでチャージまたは決済

の4ステップです。

1、マイナンバーカードの取得

出典:マイナポイント

マイナンバーカードを取得するには、次のいずれかの方法で申請する必要があります。

マイナンバーカードの申請方法
郵送 個人番号カード交付申請書(マイナンバーカード総合サイトからダウンロード可能)に署名、押印、顔写真を貼り付けて郵便ポストに投函します。
パソコン 交付申請用のWebサイトにアクセスしてから必要事項を入力。デジタルカメラで撮影した顔写真を添付してから送信します。
スマートフォン 交付申請用のQRコードを読み取りWebサイトにアクセスしてから必要事項を入力。スマートフォンで撮影した顔写真を添付してから送信します。
証明写真機 マイナンバーカードに対応した証明写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択して交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。画面の案内にしたがって必要事項を入力して顔写真を撮影して送信します。

その後、マイナンバーカードの交付準備ができたことを知らせる「交付通知書(はがき)」が自宅に届きます。

交付通知書に記載された期限までに

  • 交付通知書(はがき)
  • 通知カード
  • 本人確認書類

を持参して市区町村の交付窓口で「マイナンバーカード」を受け取ります。

マイナンバーカードの申請から交付までは、およそ1ヶ月かかります。

マイナポイント事業で25%還元を受けたいなら早めに手続をしましょう。

2、マイナポイントの予約

マイナンバーカードを取得したら「マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)」をします。

マイナポイントの予約には、次の端末が必要になります。

マイナポイントの予約の対応端末
Android ・近距離無線通信規格「NFC」に対応したAndroid端末
iPhone ・近距離無線通信規格「NFC」に対応したiPhone端末
(iPhone 7以降)
パソコン ・Windows 7 / 8 / 10
・マイナンバーカードに対応した「ICカードリーダライタ」

スマートフォンの場合は、

  • App StoreまたはGoogle Playから「マイナポイント」アプリをインストール
  • マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)をタップ
  • スマートフォンでマイナンバーカードを読み取る
  • マイナンバーカードの受け取り時に設定した4桁の「暗証番号(利用者証明用電子証明書暗証番号)」を入力する

という手順でマイナポイントの予約が完了します。

マイナポイントの予約は、予約者数が予算の上限に達した場合は、その時点で終了する可能性があるので注意しましょう。

3、マイナポイントとPayPayの紐付け

2020年7月以降になるとマイナポイントの申込が始まります。

キャッシュレス決済サービスを1つ選択できるので「PayPay」を設定しましょう。

4、PayPayでチャージまたは決済

PayPayでチャージまたは決済することによりマイナポイントが25%還元されます。

PayPay残高にチャージする方法は、

の3つとなります。

なお、PayPay残高に銀行口座からチャージした場合は、後から自分の口座に出金することも可能です。

PayPay残高を銀行口座に出金する方法は?手数料や上限など

2019年12月27日
PayPayで買い物をしなくてもチャージだけで25%還元を受けることが可能です。

PayPay残高のチャージによる有効期限は”無制限”となっているので、とりあいずチャージしておくと良いでしょう。

最後に

マイナポイント事業は、PayPay残高に2万円分をチャージしてだけで5,000円相当のマイナポイントがゲットできるお得なキャンペーンです。

マイナンバーカードは、身分証明書に使えるだけでなく、確定申告時にもお得な特典を得ることができます。

今後もマイナンバーカードが使えるシーンは拡大する可能性があるので、これを機会に作ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です