PayPayにモバイルTカードを登録・有効化しよう【使い方】

皆さん、PayPayを活用してますか?

僕は、PayPayのヘビーユーザーで日常の買い物から大型家電の購入までフル活用しています。

さて、PayPayにはモバイルTカードという機能がありますが、ご存知でしょうか?

PayPayでモバイルTカードを活用することで決済だけでなく、そのままTポイントを貯めることも可能です。

今回は、PayPayを利用するときに活用したいモバイルTカードについて詳しく解説します。

PayPayのモバイルTカードの使い方

さっそく、PayPayのモバイルTカードの使い方を見ていきましょう。

※あらかじめ『PayPayにモバイルTカードを登録・有効化』の手続きをする必要があります。

PayPayアプリを起動してから「Tカード」をタップします。

これでモバイルTカードが表示されました。

レジで店員に提示することでTポイントの付与や利用ができます。

PayPayのモバイルTカードのメリット

PayPayのモバイルTカードとは、スマートフォンのPayPayアプリを「Tカード」の代わりにできるサービスです。

これにより3つのメリットがあります。

Tカードを財布に入れる必要がない

一番のメリットは、Tカード(物理カード)を財布に入れる必要がない点です。

最近は、どこの店でも独自のポイントカード、会員証、クーポンなど発行しており、財布の中身はどんどん膨らんでいきます。

PayPayのモバイルTカードを活用することで財布の厚みを減らすことが可能です。

Tカードを探す手間が省ける

会計のときに財布からTカード(物理カード)がなかなか出てこない経験はありませんか?

PayPayのモバイルTカードを活用すれば、スマートフォンを取り出してPayPayアプリを起動して提示するだけでOKです。

せっかくスマホ決済をするのに「Tカードのために財布を取り出さなければならない・・・」といったこともなくなります。

Tポイントの残高や有効期限の確認が簡単にできる

今どのくらいTポイントが貯まっているのだろう?

そんなときにTカード(物理カード)の場合は、買い物をした後のレシートやTサイトにログインして確認する必要があります。

PayPayのモバイルTカードであれば、PayPayアプリから簡単に残高や有効期限を確認可能です。

PayPayにモバイルTカードを登録・有効化する方法

PayPayにモバイルTカードを登録・有効化する手順は、

  1. モバイルTカードを新規登録する(すでにモバイルTカードを登録している場合は不要)
  2. PayPayとYahoo! JAPANを連携する
  3. モバイルTカードを有効化する

となります。

1、モバイルTカードの新規登録

モバイルTカードを新規登録する必要があります。

まずは『T-SITE Tカード情報登録・Tサイト利用登録』にアクセスしてから「Tカードを持っていない」から「Yahoo! JAPAN IDを持っている方」または「Yahoo! JAPAN IDを持っていない方」を選択します。

※すでにTカード(物理カード)を持っている場合は、上部の「カードを持っている」から選択してからYahoo! JAPAN IDと紐付けましょう。

一番下までスクロールをしてから「Y!ログイン」をタップします。

IDとパスワードを入力してからログインをします。

あとは、Tカードを「持っている」「持っていない」から選択。

名前や住所などの情報を入力してから「規約に同意して登録する」をタップします。

メルマガやアンケートに答えて「登録する」をタップすれば、モバイルTカードの新規登録は完了です。

この時点で「Yahoo! JAPAN ID」と「モバイルTカード」が紐付いている状態になっています。

2、PayPayとYahoo! JAPANを連携する

続いて、PayPayとYahoo! JAPAN(モバイルTカードが紐付いているアカウント)を連携させます。

PayPayアプリを起動してから「アカウント」をタップします。

「外部サービス連携」をタップします。

「Yahoo! JAPAN ID 連携する」を選択します。

“ヤフーからのお客様データ提供に同意してYahoo! JAPAN IDと連携する”というメッセージが表示されます。

「上記に同意して連携する」をタップします。

Yahoo! JAPAN IDでログインします。

“Yahoo! JAPAN ID連携が完了しました!”というメッセージが表示されたらPayPayとYahoo! JAPAN IDの連携は完了です。

3、モバイルTカードを有効化する

PayPayアプリの「アカウント」→「外部サービス連携」→「モバイルTカード」の順にタップします。

“モバイルTカード表示を有効にしますか?”と表示されるので「有効にする」をタップします。

安全に利用するために本人確認が必要となります。

Tカード番号に登録されている番号でTカード認証ダイヤルに電話しましょう。(スマートフォンからはタップで電話できます。)

音声ガイダンスで案内が終わったら通話を切って「次へ」をタップします。

これでPayPayでモバイルTカードが使えるようになりました。

モバイルTカードが使える店

モバイルTカードが使える店舗数は、1,067,476店舗(2019年8月末時点)と驚異的です。

次は、モバイルTカードが使える店舗の一部となります。

モバイルTカードが使える店
エンターテイメント、趣味 TSUTAYA、蔦屋書店、新星堂、GyaO!ストア、Yahoo!ブックストア、毎日新聞、Ameba、TSUTAYAオンライゲーム、Yahoo!占い、東急ホテルズ、Airbnd(エアビーアンドビー)、Yahoo!トラベル、マイナビトラベル、カメラのキタムラ、アシックス、オニツカタイガー、福岡ソフトバンクホークスなど
ショッピング、グルメ、ファッション ファミリーマート、マルエツ、エーコープ関東・近畿、ウエルシア、ハックドラッグ、ハッピー・ドラッグ、マルエドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、エディオン、100満ボルト、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、吉野家、牛角、ロッテリア、大阪王将、食べログ、出前館、洋服の青山、THE SUIT COMPANY、眼鏡市場など
生活・サービス マイナビ、ソフトバンク、ENEOS、三井のリパーク、ニッポンレンタカー、オートバックス、メルセデス・ベンツ、ヤマト運輸、ミニミニ、東京電力エナジーパートナー、西武ガス、ENEOS電気、LIXIL、ネットオフ、ジャパンネット銀行、三井住友カード、楽天Edyなど

通常、Tポイントは、200円につき1ポイントの還元です。

しかし、店舗が実施する特別ボーナスキャンペーンを利用すれば、Tポイントを大量付与されることもあります。

貯まったTポイントは、ウエルシアで毎月20日に実施されている1.5倍の買い物ができるキャンペーンを利用しましょう。

こちらは、Tポイントを200ポイント使えば、300円分の買い物ができる最強キャンペーンとなります。

例えば、

  • 1,000ポイント → 1,500ポイント
  • 2,000ポイント → 3,000ポイント
  • 3,000ポイント → 4,500ポイント
  • 4,000ポイント → 6,000ポイント
  • 5,000ポイント → 7,500ポイント

として使うことが可能です。

PayPayのモバイルTカードのよくある質問(Q&A)

ここからは、PayPayのモバイルTカードのよくある質問(Q&A)をまとめてみました。

Q、PayPayのモバイルTカードでTSUTAYAレンタルできますか?

モバイルTカードがレンタル機能のついているTカードと紐付けられている場合は、レンタル可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です