PayPayピックアップとは?加盟店の申し込み方法や手数料など

PayPayピックアップってご存知ですか?

PayPayピックアップとは、2020年6月からソフトバンクグループが提供するスマホ決済サービス「PayPay」で開始された新しいサービスです。

この記事では、事前注文サービス「PayPayピックアップ」の使い方から加盟店の手数料まで紹介します。

PayPayピックアップとは

PayPayピックアップとは、飲食店の料理を事前注文・支払いができるサービスです。

PayPayアプリから対象店舗で商品を注文してから指定の時間に受け取りに行くことでお店で待つことなくテイクアウトができます。

PayPayアプリ内で「商品の注文」「支払い」ができるため、お店で列に並んで注文をして料理が出来上がるまで待つ・・・といったことがありません。

その他、

  • 電車での移動中にも電話をかけることなく注文ができる
  • 事前注文をするためにお店の専用アプリや会員登録をする必要がない

といったメリットがあります。

使い方

PayPayピックアップの使い方は簡単です。

まず、PayPayアプリを起動してから「ピックアップ」をタップします。

上部の検索ボックスにエリア(現在地、住所、駅名など)を入力します。

そのエリア内で「PayPayピックアップ」に対応している店舗が表示されるので選びましょう。

その店舗から商品を選択して「追加」をタップします。

商品を選択肢から「カゴを確認」をタップします。

注文内容、お店の場所、お店の要望などを書き込んでから「注文を確定して支払う」をタップしましょう。

これで注文の申込みが完了しました。

注文内容がお店に通知されてから注文承諾の返信が入ったら準備中の画面になります。

受取可能の画面になって「受け取り番号」が表示されたらお店で商品の受け取りが可能です。

PayPayピックアップの加盟店の手数料

店舗にPayPayピックアップを導入するときの手数料について解説します。

手数料は、次のとおりです。

費用 2020年6月~8月 2020年9月以降
利用料 0%/取引 8%/取引
プラットフォーム費用
(月額料金)
0円 480円/店舗

2020年6月~8月は、実質無料となります。

また、PayPayピックアップを利用するための専用端末、初期費用は不要であり、低コストで気軽に導入可能です。

参考までにデリバリーサービス「Uber Eats (ウーバーイーツ)」の場合は、手数料が注文金額の10%+50円~がかかります。

注文から受け渡しまでの流れ

お客様から注文を受け取ってから受け渡しまでの流れは、次のとおりです。

  1. お客様がPayPayアプリから注文する
  2. 店舗に通知音とアプリのプッシュ通知が届く
  3. 注文を承諾して商品を用意する(30分以内に承諾しないと自動キャンセルになる)
  4. 商品の用意ができたら準備完了の通知をする
  5. お客様が来店したらシュオ品を受け渡す

PayPayピックアップの申し込み・導入方法

PayPayピックアップに申し込むには「加盟店」「飲食店」という条件を満たす必要があります。

その上で申し込みに必要なものは、次のとおりです。

必要な書類 次のいずれか1つを提出
・飲食店営業の許可証(調理品販売)
・喫茶店営業の許可証(調理品販売)
・食料品等販売業の許可証(食品販売)
※有効期限が残り2ヶ月以上のもの
ピックアップで酒類販売の場合 ・一般酒類小売業の免許証(酒類販売)
法人の場合 ・履歴事項全部証明書
※発行から3か月以内のもの

まずは、PayPayの加盟店に登録をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です